Helium Technologies

People's Networkは、HeliumブロックチェーンやLongFiワイヤレスプロトコルなど、様々なテクノロジーを利用しています。

世界初のPeer-to-Peerワイヤレスネットワーク

People's Networkは、低電力のIoTデバイスがインターネット間でデータを送受信するための安全で費用対効果の高い方法を提供する世界初のpeer-to-peerワイヤレスネットワークです。

このネットワークにより、企業は、デバイスのセルラープランやネットワークインフラストラクチャの管理をすることなくアプリケーションとユースケースに集中できます。

あなたによって構築され所有する

誰もがHotspotを所有しカバレッジを提供することで、新しい暗号通貨Heliumを獲得できます。

プライベートで安全

全てのデータはマシンからクラウドに暗号化され組織的に安全管理されます。

信頼性と拡張性

分散型の利点により堅牢なネットワークを迅速かつ簡単に拡張することができます。

オープンソース

Heliumはオープンスタンダードの既製ハードウェアを使用しており、heliumのコアテクノロジーは全てオープンソースです。

ブロックチェーンを実装

ゼロから構築されたHeliumブロックチェーンはネットワークを強化し、Heliumトークンの基盤テクノロジーとして機能します。

ブロックチェーンは、接続時間を含むデバイスからのトランザクションデータをブロックチェーンに格納し、不変、検証可能、検閲耐性がある特性により「暗号化公証人」として機能します。

Heliumブロックチェーン詳細

Proof-of-Coverageとは?

Proof-of-Coverageは、Hotspotが正当なワイヤレスカバレッジを提供していることを検証する方法として電波を使用するユニークな作業検証アルゴリズムです。

この検証作業では、Hotspotはネットワークトランザクションを検証し、ブロックチェーンに新しいブロックを追加し、その他のタスクを実行することでHeliumトークンを獲得できます。 PoCに参加するには、エリア内に少なくとも300メートル離れているが、互いの範囲内にある複数のホットスポットが必要です(環境によっては最大で数マイル)。 単体のHotspotはインターネット経由でのみChallengesを発行できますがProof-of-Coverageには参加できないため、報酬は少なくなります。

Proof-of-Coverage詳細

Proof-of-Coverage in the Real World.

ネットワークによって生成されたchallengesは、 Mobile App または Network Visualizer で表示されます。

Challenges

0

Consensus Groups

0

平均Consensus Time

0 mins

Helium LongFiは、LoRaWANワイヤレスプロトコルをHeliumブロックチェーンと組み合わせて、どのLoRaWANデバイスもHelium Networkでデータを転送できるようにします。

LongFiはローミング機能を提供し、マイクロペイメントトランザクションをサポートするため、顧客はゲートウェイやネットワークサーバーを展開する必要なく、ネットワーク使用量に基づいた支払いをします。

LongFi詳細

摩擦のないデバイスのオンボーディング

LongFiとHeliumブロックチェーンを組み合わせると、企業は追加の構成やサードパーティのサポートなしで、必要な数のデバイスをオンボードできます。

デバイスローミング

オンボーディング中、デバイスはブロックチェーン上のcompany IDにマッピングされ、ネットワークに接続してHotspot経由でデータを送信できるようになります。

マイクロペイメントトランザクション

LongFiを使用すると、デバイスがHotspotを介してネットワーク経由でデータ転送することにより所有者はHeliumを獲得できます。

LoRaWAN Support

全てのLoRaWANデバイスまたはセンサーは、米国で最大のパブリックLoRaWANネットワークを介してデータを転送されます。

Helium Hotspot

Hotspotは、何平方マイルにも及ぶ接続を提供するネットワークのバックボーン及び報酬システムを強化するHeliumブロックチェーンのノードとして機能します。Hotspotにインターネット接続を提供し、ネットワークに参加するだけです。

Hotspotは、何千ものデバイスをサポートできますが、必要な電力はLED電球とほぼ同じ5ワットです。

Hotspotの購入

Hotspotの技術仕様

内部コンポーネント

クアッドコアARM A53ベース アプリケーションプロセッサ、1GB RAM、64GBストレージ、ZOE-M8Q GNSSタイミングモジュール

ネットワーキング

Wi-Fi & Ethernet マルチチャネル無線ベースバンドプロセッサ デュアルI / Q低周波数アナログ無線フロントエンド 容量:1日あたり約150万台、1時間あたり62,500台

ネットワークバンド

RF: 902-928MHz (US), 868MHz (Europe), 779MHz (China), Wi-Fi 2.4GHz and 5GHz, Bluetooth 4.2, BLE, GNSS: 1.5GHz

パッケージング

家庭用及びオフィス用(5.5 inch x 5.5 inch x 1.5 inch)

エネルギー使用

5ワット、1日あたり約0.025ドルで、0.211ドル/ kWhで稼働(通常のPG&E US)

高度な開発ツール

高度なツールとドキュメントを使用して、People’s Networkで実行可能なアプリケーションを迅速に構築します

Developer Siteへ行く

ソフトウェア開発キット & API

サンプルコード、ドキュメント、APIを含むSDKツールを使用して、ネットワーク上で実行するデバイスを構築します

ハードウェアリファレンス

ロングレンジワイヤレスネットワークを提供し、Helium Networkを保護するために継続的なマイニングを実行する、ワイヤレスルーターとブロックチェーンマイナーについて説明します。

Helium LongFi

HeliumのLoRaWANワイヤレスプロトコルとHelium Blockchainがどのようにデバイスローミングを提供し、独自のゲートウェイの導入が不要になるかをお読みください。