Helium Console

ラピッドプロトタイピングもプロダクションアプリケーションの構築も含め、Helium ConsoleのIoT開発者だけが世界初のpeer-to-peerワイヤレスネットワークのパワーをフル活用できるようになります。

ログインまたは無料アカウントに登録

Consoleの概要

Helium Consoleは、強力な管理ツールとネットワークサーバー機能を組み合わせ、People’s Networkを介してIoTデバイスからインターネットへのデータの移動を加速させます。 開発者はConsoleを使用して、デバイスのプロビジョニングと管理、データアクティビティの監視、接続コストの管理を実行できます。 柔軟性を高めるため、ConsoleはREST APIの拡張可能なセットに基づいて構築されています。


をIoTプラットフォームとシームレスに統合

組織は、Consoleのpre-built統合を使用し、任意のIoTクラウドプラットフォームにデータをすばやく送信できます。

スケーラビリティへの最適化設計

Consoleのユニークで柔軟なラベルシステムにより、ユーザーは数百または数十万デバイスに渡り整理及び管理可能です。

リアルタイムの
データアクティビティを監視

Consoleは、ネットワークを介して送信されたデータのリアルタイムのビューを提供し、ユーザーによるデバイス接続の確認を可能にします。

接続コストを管理

デバイスがデータをインターネットに転送するには、Data Creditsが必要です。 Consoleから、Data Creditsを管理し、データ転送のしきい値の上限を設定します。


APIの柔軟性

ConsoleはREST APIの豊富なセットに基づき構築されているため、開発者はConsole機能を自動化できます。

Consoleを試す

Helium Consoleの使用により、IoT開発者は世界初のpeer-to-peerワイヤレスネットワークの能力をフル活用できます。

ログインまたは無料アカウントに登録